ここから本文です

育成から再昇格のオリ園部が決勝打デビュー 福良監督「たいしたもん」

Full-Count 7月3日(日)20時1分配信

2回にプロ初打席でヒット、7回に決勝打「チャンスをつかんでいきたい」

 育成から這い上がったオリックス園部聡内野手が、3日のロッテ戦で躍動した。

 2回のプロ初打席でスタンリッジから三遊間にプロ初安打を放つと、7回には救援の大谷の140キロ直球を左前に弾き返す決勝打。いきなりヒーローインタビューで「この流れに乗って、これからもチャンスをひとつ、ひとつ、つかんでいきたい」と語り、拍手を浴びた。

 聖光学院から2013年ドラフト4位で入団。長打力を期待され、背番号44で「和製ブーマー」の呼び声もあったが、14年8月に肘を手術(肘頭閉鎖不全反転骨移植)。その年10月に戦力外通告を受け、11月に育成契約を結んだ。

 今季は2軍で結果を残し、6月末の時点で、打率3割1厘、6本塁打、17打点。「日本ハムの中田君みたいな選手になってほしい」とフロント陣も沈滞するチームのムードを変える起爆剤として期待を寄せていた。背番号も124から00に変更。守備に不安があるため、「6番・DH」での出場だったが、見事クリーンアップの後ろで仕事をしてみせた。

 福良監督も「よう打ってくれた。たいしたもん。初球からしっかり振れていた。思い切りがいい。これを続けてくれたら」と笑顔をのぞかせた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月3日(日)20時1分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]