ここから本文です

ストライカー獲得進まないクラブにイライラ アーセナルサポーターが元エースの再獲得を要望

theWORLD(ザ・ワールド) 7/3(日) 19:40配信

バーディ獲得失敗など補強進まず

もう獲得したも同然かと思われたレスター・シティFWジェイミー・バーディを逃したアーセナルは、今も悲願のタイトル奪還へクオリティの高いFW獲得を目指している。このままでは今季後半戦に大失速したオリヴィエ・ジルー、テオ・ウォルコット、負傷離脱しているダニー・ウェルベックらで新シーズンを迎えることになり、さすがにそれはサポーターも許さないだろう。

そこでサポーターが獲得を提案しているのが、フェネルバフチェからの退団が噂されている元アーセナルFWロビン・ファン・ペルシーだ。ファン・ペルシーはアーセナル通算132得点を挙げた生粋の点取り屋で、長きに渡ってアーセナルの前線を支えてきた選手だ。しかしライバルのマンチェスター・ユナイテッドに奪われてしまい、昨夏からは活躍の場をトルコに移していた。

しかしファン・ペルシーは今季途中にも先発出場の機会が少ないと不満を漏らしており、同クラブのアジズ・ユルドゥム会長はファン・ペルシーが望むなら移籍も可能だとコメントしている。

英『METRO』によると、同会長の言葉を聞いた一部のアーセナルサポーターからはファン・ペルシー再獲得を求める声が挙がっており、ストライカー獲得がなかなか進まないクラブにイライラしているようだ。

ファン・ペルシーはすでに32歳だが、今季もフェネルバフチェで22得点を記録するなど得点能力は確かだ。同じくトルコで活躍して世界の注目を集めているドイツ代表FWマリオ・ゴメスのようなケースもあるため、元エースの再獲得もアイディアの1つに加えるべきなのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/3(日) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)