ここから本文です

【MLB】名選手2人も虜!? 「ボンズとマッティングリーはイチローに魅了されてる」

Full-Count 7月3日(日)21時37分配信

悪名高いオーナーのローリア氏だが…イチローは「チームにとってとても大事な存在」

 メジャー史上30人目の3000安打へ向け、着々と歩みを進めているイチロー外野手。マーリンズ在籍2年目となった今季は開幕から好調を維持し、2日(日本時間3日)時点で打率.338、出塁率.412をマーク。通算2989安打で、3000安打の金字塔まで残り11本と迫っている。次々と歴史を塗り替えていくイチローの存在は、マーリンズのチーム内でますます大きなものとなっているようだ。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 メジャーリーグ評論家の第一人者で、過去に米国野球殿堂からも表彰されたピーター・ギャモンズ氏は、自身の米野球専門メディア「ギャモンズ・デイリー」で、マーリンズの名物オーナーであるジェフリー・ローリア氏が背番号51に最大級の賛辞を送っていることを伝えた。ローリア氏は主力を大量放出する「ファイヤーセール」をこれまで度々行い、監督を次々と交代させてきたことでも有名な人物。米国内での評判は決して良くない。ただ、イチローに対して抱く敬意は特別なようで、記事の中で「このチームにとってイチローはとても大事な存在なんです」と語っている。

 イチローは加入1年目の昨季、キャリアワーストの打率.229と苦しんだ。ただ、試合前の入念な準備や練習への姿勢、そしてクラブハウスでの振る舞いなどで、チームメートから尊敬を集めた。そして、今年はプレーで圧倒的な存在感を見せている。

主砲スタントンも敬意「イチローはいつだってやるべきことをやる準備が出来てる」

 ギャモンズ氏は「イチローはマーリンズにインパクトを与えてきた。プレーだけではなく、準備と信頼の面においても」と指摘。主砲のジャンカルロ・スタントンが「先発出場しようと(延長)14回からの途中出場であろうと関係ない。イチローはいつだって、いつだって、やるべきことをやる準備が出来ている」と語ったことも紹介している。

 今季からチームに加わった2人の元名選手も、背番号51に一目を置いているという。ドン・マッティングリー監督とバリー・ボンズ打撃コーチだ。ギャモンズ氏は記事で「ボンズとマッティングリーはイチローに魅了されている」と言及。走攻守の全てで衰えを見せないプレーに加え、グラウンド外の振る舞いでも、現役時代にメジャーで圧倒的な実績を残した2人に驚きを与えている。

 一方で、イチローも若手の多い選手たちを「最高のチームメート」と呼び、絶大な信頼関係を築いている。日米通算4257安打目を放ち、メジャー歴代最多安打(4256安打)のピート・ローズを超えた6月15日(日本時間16日)のパドレス戦後の記者会見でも、「去年このチームに来て、1年一緒にやって、今年メンバーが少し変わったんですけど、チームメートとしては最高のチームメートとハッキリ言える、まぁ“子”たちですよね、もう、年齢差から言えば。本当に感謝してます。彼らには」と心の内を明かしていた。

 最高の環境で、求められる役割を淡々とこなしているイチロー。3000本の金字塔も通過点として、このまま安打を積み重ねていくはずだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月3日(日)21時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]