ここから本文です

まさにレスター! 世界中からアイスランドのユニフォームを注文する声が 想定の1800%超え

theWORLD(ザ・ワールド) 7/3(日) 20:00配信

なぜかスコットランドでよく売れる

アイスランド人気が今世界で高まっているのかもしれない。

EURO初出場ながらベスト8まで勝ち残っているアイスランド。出場国の中で最も小さい国で、人口も33万人ほどしかいない。しかし熱いファンとともに戦うチームはサッカーファンの胸を打つもので、世界中からアイスランドのユニフォームを求める声が上がっていると米『ESPN』が伝えた。

アイスランドのユニフォームを作っているスポーツメーカーのerreaは英『Daily Record』で世界中から信じられない数のユニフォームを注文する声が上がっていることを明かし、中でもスコットランドからの注文が多いことを伝えている。

また、同社のマーケティング部門のトップを務めるロサ・センブロニオさんは「チームが勝っているおかげで世界中からアイスランドのユニフォームを求める声が寄せられているよ。今ではグラスゴーやエディンバラといったスコットランドからの注文が多くなっているね。我々はすべてのリクエストに応えるため、毎日ずっと働いているよ」とうれしい悲鳴を上げている。

また、配達を担当しているオマル・スマラソンさんは「要求は予想の1800%を超えているよ。それは良いことだが、要求している人たちの手にはまだ渡らないだろうね」とコメントし、想定をはるかに上回る売り上げとなっていることを明かした。

ユニフォームが世界中で売れるというのは昨季レスターが巻き起こした事態とよく似ている。もし、アイスランドが開催国フランスに勝つようなことがあれば、さらに売り上げは伸びることになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/3(日) 20:00

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]