ここから本文です

「イングランドに起こったことがフランスにも……」 元フランス代表DFが集中しろと警告

theWORLD(ザ・ワールド) 7月3日(日)20時20分配信

アイスランドの勢いは危険

3日にEURO2016準々決勝でアイスランド代表と対戦するフランス代表は、選手層でも経験でも相手を上回っている。普通に戦えばベスト4に進めるだろう。しかしアイスランドはそうした甘い考えで向かってきたチームを次々と撃破しており、フランスにとっても非常に危険な相手だ。

英『Daily Mirror』によると、フランス代表選手として1998ワールドカップとEURO2000を制した経験を持つマルセル・デサイー氏も注意が必要と呼びかけており、100%集中していなければイングランドと同じことになるかもしれないと警告を発した。

「アイスランドはフィジカルも強く、よく組織されたチームだ。イングランドはアイスランドに対してとてもナイーブだったし、セットプレイで上手く守れなかった。我々にはミスが許されないよ。イングランドは中盤で上手くプレスをかけることができなかった。フランスもイングランドの敗北から学ぶべきだ。アイスランドはずっと成長を続けている。フランスが100%集中していなければ、イングランドに起こったことがフランスにも起きるかもしれないよ」

アイスランド代表が頻繁に使うロングスローは大きな武器となっており、イングランドもロングスローから1点奪われている。どの位置からでも飛んでくる可能性があり、スローインでプレイが切れたからといって気を緩めるべきではない。フランスの選手の中には準決勝のドイツ代表戦のことが頭をよぎっている者もいるかもしれないが、デサイー氏の言葉通り本当に集中していなければまさかの展開もあり得るだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月3日(日)20時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。