ここから本文です

敗退に涙を見せたブッフォン、PK戦でも存在感見せるも「十分ではなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/3(日) 21:30配信

まさに守護神

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの涙に心を打たれた人も多いだろう。

2日、EURO準々決勝でドイツと対戦したイタリア。試合はPK戦までもつれ、GKにとってはヒーローとなる千載一遇のチャンスだったが、ブッフォンはあと一歩及ばなかった。試合後のコメントを米『ESPN』が伝えている。

「ドイツは3人もPKを成功させることができなかったのに、勝つことができなかった。それはクレイジーだと思う。我々が悪かったと言うことはできないし、この敗戦にはとても傷ついている。2年前の後悔を持ってこの試合に臨んでいたけど、ミスもあったし、やりたいことができなかった。トライはしたが、十分ではなかったんだ」

試合ではマリオ・ゴメスの至近距離からのシュートをストップし、PK戦でもミュラーのシュートをセーブしたブッフォン。見事なパフォーマンスでチームをけん引したキャプテンが大会を去るのは少々寂しいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/3(日) 21:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]