ここから本文です

バトン「僕にとってはポールのようなもの。3番グリッドは運でも5位は実力」:マクラーレン・ホンダ オーストリア土曜

オートスポーツweb 7月3日(日)15時53分配信

 2016年F1オーストリアGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは5位だった。ニコ・ロズベルグとセバスチャン・ベッテルがギヤボックス交換のため降格になり、バトンは3番グリッドからスタートする見込みだ。

2016年第9戦オーストリアGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン 予選=5位
 明日は3番グリッドからスタートする。最高だね!

 楽しいセッションだった。Q2でターン3でロックアップした時にはすべて終わったと思った。ターン1とターン2で雨がぱらぱら降って来ていた。ターン3の入口で影響ないと思っていたら、ワイドになったが、そのまま走り続けた。

 明日は難しい一日になるだろう。タイヤがどういうパフォーマンスを見せるのか、分かっている者は誰もいないんだ。でも3番グリッドからスタートするというのは有利な位置といえる。

 今日のようなコンディションが昔から大好きだ。最後のラップに賭けていた。幸いイエローフラッグは出なかった。たくさんのリスクを冒し、今日はそれがすべていい結果につながった。

 今はこの瞬間を楽しむつもりだ。


 予選で5位、3番グリッドからスタートするなんて興奮する。3番グリッドは(上位ふたりがグリッド降格されるという)運によるものだけど、5位は運じゃない。すごくいい仕事をしたから満足だ。

 僕にとってはポールポジションのように感じる。明日何が起きようと、今日を楽しむよ。

 完全なドライコンディションのセッションだったら予選で5位に来ることはなかっただろう。でもこういうコンディションなら可能だった。

(Q3で路面が乾き、ドライタイヤでタイムが向上し続けるなか、インターミディエイトからウルトラソフトへの交換を最後まで待って、一番最後のタイミングでプッシュするという戦略をとったことについて語り)正しい判断をして、それがうまくいった。ある意味、僕はかなりのリスクを冒したんだ。すべてをラストラップに賭けていた。イエローフラッグが出たら終わりだったけど、やってみる価値はあった。
 
 でも今回表彰台を争えることはないだろう。悲観的になっているのではないよ。僕はリアリストなんだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)15時53分

オートスポーツweb