ここから本文です

アロンソ「小学校レベルのミス。中古タイヤを装着されて驚いた」:マクラーレン・ホンダ オーストリア土曜

オートスポーツweb 7月3日(日)15時52分配信

 2016年F1オーストリアGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは14位だった。

2016年第9戦オーストリアGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 予選=14位
 予選はスムーズにいかなかった。Q2で雨の可能性が高まってきていたので、できるだけ早くガレージから出ようとした。残念ながらどういうわけか、僕のマシンにはフレッシュタイヤではなく、Q1で使ったユーズドのオプションタイヤ(ウルトラソフト)が装着されていた。
 
 2回目のランでフレッシュタイヤを履いたけれど、イエローフラッグが出てしまい、そのラップを断念せざるを得なかった。今日は他チームのミスを自分たちのチャンスに変える必要があったのに残念だ。
 
 明日の決勝が複雑なコンディションにならなければ、14番グリッドから順位を上げていくのは難しい。予報では雨だ。どうなるか見ていくよ。

 
 雨が降り出す可能性があると分かっていたので、すぐに走り出そうとした。でもタイヤブランケットを外してみたら、Q1で使った古いタイヤがついていた。びっくりしたよ。

(このミスに関してチームから説明はあったのかと聞かれ)Q1が終わってQ2の準備をするのに急いでいた。雨が迫ってきていて、あの時はストレスがかかっていた。

 小さなミスをしてしまうレースが時にはある。競争力がさほど高いないのだから、うまく事を進められないとさらに困難な状況になってしまう。

(formula1.comのインタビューに答え)どういうわけか装着されていたのは新品タイヤではなくQ1で使ったもので、そのタイヤで最初のアタックをして、(2回目のランで)新品タイヤを履いたらイエローフラッグが出た。最大のミスは他のドライバーたちのように(Q2序盤の段階で)新品タイヤで走らなかったことだ。

 僕らはあまりいいポジションにいるわけではないのに、それに加えてこういう小学校レベルのミスをするなんて悔しい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)15時55分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]