ここから本文です

ベッテル「ドライバーの責任。もっとリスクを取るべきだった」:フェラーリ オーストリア土曜

オートスポーツweb 7月3日(日)10時45分配信

 2016年F1オーストリアGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位だった。

2016年F1第9戦オーストリアGP キミ・ライコネン

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=4位
 一日を通してマシンはすごく好調で、強力だった。何かが足りなかったとは思わない。唯一足りなかったのはタイムだ。

 4位は悪くないポジションだ。(グリッド降格のため)9位からのスタートになるけどね。今日の予選は最後のラップにすべてがかかっていたから理想的ではなかった。路面は驚くほど乾いていて、僕が予想していた以上だった。今思えば、もっとリスクを冒すべきだったのだろう。

(結果は)マシンあるいはペースにかかっていたのではない。ドライバー次第だった。僕より上位の3人は僕よりリスクを冒したんだ。遅いタイミングでラインを越えた者ほど速いタイムを出せた。

 明日は何が起きてもおかしくない。雨が降るかもしれないし、すごく気温が下がるかもしれない。タイヤをうまく管理して走ることが重要になる。

 好調なだけに結果が残念だ。今日はいいセッションになると思っていた。マシンはすごく乗りやすかったから、上位にもっと近づけると思った。

 縁石の話だけど、間違いなくあれには触れない方がいい。来年は何か解決法を見つける必要があると思うけど、明日はどうすることもできない。

 
 どれだけリスクを冒して、いつラインを越えたかという問題だ。遅くなるほど有利だった。そのリスクを僕は十分に冒さなかった。もっとリスクをとるべきだった。

(メルセデスはウルトラソフト、自分はスーパーソフトで決勝をスタートすることについて)アドバンテージになると思う。そうでなければ(Q2では)ウルトラソフトで行った。

 同じことを考えた人が他にもいるけど、うまくいった人もいれば、そうでない人もいた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)10時45分

オートスポーツweb