ここから本文です

リカルド「Q3の戦略を誤った。スーパーソフトで挽回したい」:レッドブル オーストリア土曜

オートスポーツweb 7月3日(日)11時41分配信

 2016年F1オーストラリアGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは7位だった。

2016年第9戦オーストリアGP 誕生日のダニエル・リカルド(レッドブル)、美女からケーキがプレゼント

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=7位
 ウエットになると分かっていたから、Q3を前にわくわくしていた。すばやくコンディションに適応しなければならないような状況が好きなんだ。

 インターミディエイトで出て行き、すごくいいペースで走れて満足していた。でもセッション終盤に路面が乾いていき、スリックタイヤの方がいいタイムが出せるようになることは分かっていた。
 
 今思えば、もう少し早くピットに入って、スリックで少なくとも2周走れればよかったね。そうすればいくつかポジションを失わずに済んだ。

 でも上位勢でペナルティを受ける人がいるから、5番グリッドからのスタートになる。まずまずのポジションだし、Q2をスーパーソフトで通過できたのも大きい。それが明日奏功してライバルたちに近づけるといいね。
 
 
(F1iに対して語り)最後のラップが肝心だと分かっていたけれど、スリックタイヤに慣れるための1周を設けなかったことが問題だった。

 おそらく僕より上位のドライバーたちは(スリックに換えてから)少なくとも2周は走っている。こういうコンディションだとトライアル&エラーの状況になる。ターン1を走ってから「ああ、もっとブレーキングを遅らせるべきだった」と思ったりするんだ。

 あと1周あったら、楽にいいタイムが出せただろう。スリックでの走りを最大限に生かせなかった。上位に行くポテンシャルはあったのに、タイミングを誤った。

 Q3ではいい判断ができなかったにしても、Q2をスーパーソフトで戦うというのは正しい判断だった。それが決勝で助けになるだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)12時10分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。