ここから本文です

ナッセ「ウルトラソフトの方が遅かった理由を調べなければ」:ザウバー オーストリア土曜

オートスポーツweb 7月3日(日)14時38分配信

 2016年F1オーストリアGPの土曜予選で、ザウバーのマーカス・エリクソンは21位、フェリペ・ナッセは22位だった。

F1最新フォトコーナー

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 予選=21位
 僕らにとっては厳しい予選だった。1セット目のウルトラソフトタイヤではいい感触が得られ、ラップタイムもよかったから、スタートは悪くなかった。2セット目のウルトラソフトで走った最初のラップは理想的なものではなく、2回目の走行ではレッドフラッグが出てしまった。

 Q1終盤にもう1度走るチャンスを得たものの、今度はイエローフラッグが振られたため、最後まで走りきれなかった。

 全体的に見ると、不運だったね。明日は難しくなるだろうけれど、集中して反撃に出なければならない。
 
フェリペ・ナッセ 予選=22位
 難しい予選だった。ウルトラソフトタイヤは、期待したような働きをしてくれなかった。ラップ全体を通して、グリップに悩まされていたんだ。

 Q1の終わりにスーパーソフトに履き替えてみたところ、この固めのコンパウンドの方が速さを得られた。これがなぜなのかを、理解しなければならない。

 明日はまた別の1日。後方からのスタートになるので、何か違うことを試さなければならない。厳しいレースになるだろうけれど、雨になれば、それが何かをもたらすかもしれない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)14時55分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]