ここから本文です

パーマー「再舗装でデグラデーションが高くなった」:ルノー オーストリア土曜

オートスポーツweb 7月3日(日)15時25分配信

 2016年F1オーストリアGPの土曜予選で、ルノーのケビン・マグヌッセンは17位、ジョリオン・パーマーは18位だった。

F1最新フォトコーナー

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン 予選=17位
 自己ベストタイムを記録したラップでは最終コーナーでミスをしたから、つまりもう少しいいタイムを出せる余地があるということだ。でも予選での僕らの位置はだいたいこのへんだと思う。

 もっと上位を獲得できるよう努力しているが、現状ではこれが精いっぱいだ。

 明日はもう少し上位に近づけるという感触を持っている。雨とかセーフティカーとか、何かいつもと違うことが、僕らにとっていいタイミングで起きればいいな。何かあればそれをチャンスとして最大限に利用するつもりだ。うまくいくよう祈っている。

ジョリオン・パーマー 予選=18位
 赤旗や黄旗に遭わずに、フレッシュタイヤで完璧なラップを走っていれば、Q2入りも見えたと思う。今週末はこれまでよりマシンの感触がよくて、一貫性が高く安定している。それでも予選ではこれが精いっぱいだった。

 路面が再舗装されて、デグラデーションが高くなったので、レース戦略は見えない部分がある。ウルトラソフトはあっという間に傷んでしまうんだ。順位を上げられるチャンスがあれば、絶対に逃さないつもりだよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)15時25分

オートスポーツweb