ここから本文です

出場停止裁定を受けた松下信治、タイトル争いのためにも「ふっきるしかない」

オートスポーツweb 7月3日(日)18時43分配信

 GP2バクー戦でセーフティカー明けのリスタート時のドライビングが危険行為とみなされ、次戦出場停止の裁定を受けた松下信治。F1オーストリアGPと併催のラウンドには出場できなくなったが、レッドブルリンクには姿を見せ、何が起きたのかを説明した。

GP2バクー戦は波乱の展開となった

 松下は裁定について「しょうがない」と語っている。3度のリスタートでいずれも混乱が起き、その責任を問われたが、出場停止という厳しい裁定となった最大の理由は2回目のリスタートだったという。

「加速してスローダウンしたというのが裁定の理由の中心です。自分としては(レギュレーションで禁止されている急激な加減速を)やってしまったかなという感覚でした。後続が結構離れていたのが(自分の減速によって)渋滞のようになって突っ込んだというかたちだったので(こういう裁定を受けたのは)しょうがないと思います」

 1回目のリスタートでは、ターン16から加速したがゆえにセーフティカー(以下SC)に追いつき、追い越してしまうというミスを犯した。それによって頭が真っ白になっていたという。

「前日のレース1のリスタートで何度も抜かれたので、レース2ではとにかくターン16から加速して(後続を引き離して)スタートしたかったんです。(SCが十分離れるまで)もうちょっと待てば良かったんですけど、あせって少し加速していくのが早かったんですね。そこからはセーフティカーを抜いてしまったというので頭がいっぱいになってしまって『あぁ、これでペナルティだなぁ』とか考えてしまって、2回目のリスタートは待ちすぎて、うまくいかなくて」

 3回目のリスタートでは、後方イン側でタイヤをロックさせたラファエル・マルチェッロが見えていて避けたものの、相手が思いのほか減速したため、ターンインしたところで接触してしまったという。

 レース後にはひどく落胆していたが「2戦とも勝てるレースだったというのもあるし、次のレースに出られないという裁定で、しかもARTが得意なはずのオーストリアなんで、ダブルパンチでした」

 レッドブルリンクでは何人かのドライバーに会って謝り、「気にしていないよ」と慰められたという。レッドブルリンクのレース1でも大荒れの展開になるなど、シリーズは混沌としている。松下はタイトル争いに向けて、気を引き締め直すと語った。

「まだレースは7ラウンドもあるし、まだまだタイトル争いも荒れています。ふっきるしかないと、いろんな人に言われるし、まさにそのとおりだと思います」


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月8日(金)14時34分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]