ここから本文です

縁石への対策として、応急処置でリヤサスペンションを補強したメルセデス

オートスポーツweb 7月3日(日)19時3分配信

 ニコ・ロズベルグが土曜のフリー走行3回目でクラッシュしたことを受けて、メルセデスはルイス・ハミルトンとロズベルグのマシンのリヤサスペンションアームに応急処置を施して補強した。

ギヤボックス交換を強いられたニコ・ロズベルグのクラッシュ

 現在ポイントリーダーのロズベルグは、予選前の最終プラクティス中にターン2出口で左リヤサスペンションの破損に見舞われ、外側のバリアに突っ込むクラッシュを喫した。

 その後、メルセデスはカーボンファイバーを巻き固めて補強用のパーツを作り、サスペンションアームに取りつけたという。

 メルセデスのトト・ウォルフは、通常では考えられない力がサスペンションにかかり、破損の原因になったとの見方を示している。

「フリー走行3回目の開始直後、瞬間的に大きな負荷が測定されているが、不思議なことにデータを解析してもサスペンションにはそれほど大きな負荷がかかっていなかった。つまりタイヤに何らかの異常な振動が発生し、その結果としてサスペンションが壊れたようだ。ただ、それが何だったのか、現時点ではわかっていない」

「新設された赤い縁石が破損のきっかけになったようにも思えるが、まだ確かなことは言えない。いずれにしても、私たちはサスペンションアームを補強した。あくまで応急的な対策なので、これで安心というわけではない」

 金曜にレッドブルのマックス・フェルスタッペンに起きたのと同様に、土曜にはフォース・インディアのセルジオ・ペレスとトロロッソのダニール・クビアトもサスペンションを壊している。こうした状況から、ウォルフはレッドブルリンクの新しい縁石に手を加える必要がありそうだと述べるいっぽうで、何が正しい対策なのかを見きわめるのは難しいと認めている。

「『ソーセージ』と呼ばれる縁石を取り除くとか、赤い縁石の一部を削る、あるいは谷の部分をコンクリートで埋めるといった方法が考えられるが、すべての判断はFIAに任されている。しかし、サスペンションの設計が異なる複数のマシンで、同じような破損が起きているのだから何らかの対策は必要だろう」

「実際セッション中にもチャーリー(ホワイティング)と話をして、早急に手を打つべきだと伝えた。だが、正しい答えを導き出すのは容易なことではない」

 ロズベルグは、クラッシュのダメージでギヤボックス交換を強いられ、予選2位で終えながらもグリッドペナルティにより6番手からのスタートとなる。しかし、チームの懸命の努力で修理は予選開始までに完了し、パフォーマンスにもまったく影響はなかったとロズベルグは語っている。

「少しリズムが狂わされただけで、それ以上の影響はない。結果としてフリー走行3回目で予選のシミュレーションができなかったけど、それは小さなことにすぎない。予選での仕事が、ほんの少し難しくなっただけでね」

「それでも予選では、最初からクルマを信頼してアタックできた。つまり、リズムはすぐに取り戻せたということだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)19時3分

オートスポーツweb