ここから本文です

クビアト、予選のクラッシュでモノコックを交換。ピットレーンスタートに

オートスポーツweb 7月3日(日)19時28分配信

 F1オーストリアGPの予選Q1セッションにおいて、8コーナーでアウト側の縁石に乗り、サスペンションを破損してクラッシュしたダニール・クビアト。

縁石を取り除くよう主張しているクビアト

 トロロッソ・チームはマシンを修復するため、パルクフェルメ規定を破り、モノコックとギヤボックスを交換。これにより18番グリッドからスタートするはずだったクビアトは、ピットレーンからのスタートとなる。

 クラッシュしたクビアトは問題の縁石を取り除くよう主張したが、土曜日の時点で対策はされていない。激しい事故だったが、幸いドライバーに大事はなく、レースには最後方から巻き返しを期して挑むことになる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月3日(日)19時28分

オートスポーツweb