ここから本文です

トム・ヒドルストン、学生時代はオタクだった? 過去を知る人物が告白

クランクイン! 7/3(日) 7:00配信

 最近ではテイラー・スウィフトとの熱愛が報じられ、次期ジェームズ・ボンドとも噂されるトム・ヒドルストンが、学生時代はオタクだったという。出身校である、名門イートン校でトムの1年上に所属していた人物が、トムが学生時代は全く女性に縁がなかったと明かした。

【関連】「トム・ヒドルストン」フォトギャラリー


 その人物は「トムはかなり変わりましたよ。学生時代は完全なオタクで、ガールフレンドもいなく、付き合いが難しいタイプでした。彼の両親は教職についていて、彼はクールでもありませんでしたね。とても勉強熱心で、一生懸命勉強していました」と振り返る。

 「彼がやったことで一番反抗的と言えるのは、髪の毛を伸ばそうとした時ですね。教師たちからそれで呼び出されていましたよ。それにファッションセンスも少し変わっていて、紫のズボンをはいていたり、息をかけると色が変わる絞り染めのTシャツでした。とにかくかっこいいタイプじゃありませんでしたよ」と明かしている。

 しかしステージでは輝きを放っていたそうで、その人物はThe Daily Mirror紙に「うちの学校に女子が入ることを許されたのは学校の演劇の発表会の時だけだったんですが、トムはいつもそこに出演していて、ステージに立っている時はとても生き生きしていました。ただステージを離れると別人だったんです」と続け、当時から才能ある役者の片鱗をうかがわせていたようだ。

最終更新:7/3(日) 7:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]