ここから本文です

小日向文世、秀吉は「役者冥利に尽きる役」 脚本・三谷もイメージ通りと称賛

クランクイン! 7/3(日) 6:20配信

 現在放送中の大河ドラマ『真田丸』で大きな話題となっているのが、天下統一へ向け驀進中の豊臣秀吉だ。演じるのは個性派俳優・小日向文世。これまで数多くの作品で取り上げられてきた秀吉像とは一風変わった“関白殿下”を演じている小日向に、本作ならではの秀吉の魅力や、今後の見どころなどを聞いた。

【関連】『真田丸』小日向文世演じる豊臣秀吉<フォトギャラリー>


 まさに秀吉の最期を撮影中の合間を縫ってインタビューに応じた小日向。開口一番「本当に楽しかったですよ」と満面の笑みを浮かべながら語ると「ここまで喜怒哀楽がはっきりした秀吉像は、今までなかったんじゃないですかね。両極端の感情を行ったり来たりする役者冥利に尽きる役です」と満足そうな表情をみせる。

 出演が決まった後、脚本家の三谷幸喜から電話があったそうで、「三谷さんから『今までにない秀吉をお願いします』と言われたんです。常に(徳川)家康を意識し、その上で真田を利用する。自分の欲の障害になるものに対しては徹底的に排除し、大人が理性で抑えるところも感情のまま子供のように振る舞う……。大河でこんなにはしゃいでいいのかなという思いはあったんです」と胸の内を明かす。

 確かに本作での秀吉は、子供のように無邪気に笑っていたかと思えば、一瞬にして目の奥に冷酷で非情な一面をのぞかせる。「無邪気・怖さ・シビアさがテーマ」だと小日向は役作りについて語る。その際たるシーンが第15話のカルタ遊びの場面。秀吉は信繁(堺雅人)や茶々(竹内結子)らと大はしゃぎをしていたが、廊下に座っていた馬廻りの権三と茶々が目配せをしたのに気付くと恐ろしいほど冷たい目をする。まさに無邪気さと怖さが表裏一体となっている。「三谷さんから『イメージ通りです』と言っていただけたので、安心しました」と大役を全うしている実感に胸をなでおろす。


 そんな緩急の効いた役を小日向が演じると、より喜怒哀楽の感情は増長される。「ドラマや映画の仕事を始めた当初は優しい役が多かったんですよね。そのイメージがあるから、怒るシーンはより怖くみえるのかな……」と自身を分析した小日向。「よく目が笑っているようで目の奥が笑っていないって言われるんですけれど、そんな風に狙っているつもりはないんですが…」と苦笑いを浮かべる。

 作品に強いインパクトを与えている“小日向・秀吉”だが「(石田三成役の)山本耕史くんの色気や、堺(雅人)くんの知的さ、(真田昌幸役の)草刈さんの格好よさ、(徳川家康役の)内野(聖陽)くんのマイペースな役のつくりかたなど、僕にはない魅力がありますよね」と、他の共演者からも多くの影響を受けていることを明かす。それでも「僕は自分の個性を面白がって演じられるかを役に見出しますね」とブレない。

 大河をはじめ、連続ドラマや映画など、出演作が途切れることがない小日向。大変多忙な日々を送っていると思われるが「僕には趣味がないんですよ。休みができたら海外旅行へ行こうなどという発想もないんです」とおどける。「僕は役をもらって、演じてる時が多分一番楽しいので…」と役者が天職であることをほのめかした“小日向・秀吉”を、しっかり最後まで見届けたい。(取材・文:磯部正和)

 NHK大河ドラマ『真田丸』は総合テレビにて毎週日曜20時、BSプレミアムにて18時放送。

最終更新:7/3(日) 6:20

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]