ここから本文です

『とと姉ちゃん』長かった戦争が終わった14週 常子はある“決心”をする…

クランクイン! 7/3(日) 11:00配信

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。長かった戦争が終わり、常子(高畑充希)は、貸本業をしながら出版社を守っていたものの、大学出の鞠子(相楽樹)ですら勤め先はなく、君子(木村多江)と美子(杉咲花)は縫い物などで生計を立てていた。

【関連】『とと姉ちゃん』第14週<フォトギャラリー>


 そんな折、英会話手帖が爆発的に売れている光景を目の当たりにする常子。「娯楽に皆が飢えている今、雑誌を作れば必ず売れる」と叔父の鉄郎(向井理)からあおられるも、一人での雑誌作りに常子は躊躇する。
 
 そんな折、「甲東出版」の編集長・谷(山口智充)や五反田(及川光博)が復員し、本格的に雑誌作りを再始動できることに。また同じ頃、常子の前に、かつての同僚・綾(阿部純子)も現れる。彼女は夫を戦争で亡くし、実母と息子と3人でその日暮らしという中で、唯一心の拠り所にしているのは、かつて夢中で読んだ「青鞜」だということを常子に伝える…。
 
 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

最終更新:7/3(日) 11:00

クランクイン!