ここから本文です

PFUが久光破る 女子バレーV・サマーリーグ

北國新聞社 7月3日(日)2時57分配信

 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)主催の2016V・サマーリーグ女子大会(北國新聞社後援)は2日、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで予選2次リーグが行われた。地元石川のPFUブルーキャッツは全日本選手権とプレミアの2冠を達成した久光製薬スプリングスを2―1で破り、観客を沸かせた。3日は上尾メディックスとデンソーエアリービーズが優勝決定戦で激突する。

 前日の2倍となる約1400人のファンが詰め掛ける中、PFUは久光製薬を相手に第1セットを25―18で先取した。第2セットは終盤に追いつかれ、23―25で落としたが、第3セットは一進一退の攻防から19―17で競り勝った。

 双方が若手中心で臨んだ一戦について、寺廻太監督は「久光に勝ったのは練習試合を含めて初。よくやってくれた」とたたえた。三橋聡恵主将は「最後まで諦めず、自分たちのプレーができた。今後もチーム力で戦いたい」と振り返り、今秋初参戦するプレミアでの飛躍を誓った。

北國新聞社

最終更新:7月3日(日)2時57分

北國新聞社