ここから本文です

優勝候補対決はドイツに軍配…PK戦でイタリアとの激闘制しベスト4進出

SOCCER KING 7月3日(日)6時50分配信

 ユーロ2016準々決勝が2日に行われ、ドイツ代表とイタリア代表が対戦した。

 今大会未だ無失点で順当に勝ち上がってきた世界覇者のドイツと、ベスト16で3連覇を狙う欧州王者スペインの夢を打ち砕いたイタリアの対決。高い守備力と試合巧者ぶりを見せてきた両チームだけに、優勝候補に挙げられ、今試合が事実上の決勝戦との声も上がっている。ドイツは3月30日にホームで行われた親善試合で約21年ぶりにイタリアから勝利を収めた。だが、イタリアも主要大会(ワールドカップとユーロ)の公式戦ではドイツ相手に8戦無敗(西ドイツ時代を含む)と勝負強さを見せている。

 ドイツはベスト16のスロヴァキア戦からスタメンを1名変更。同試合で1ゴール1アシストのMFユリアン・ドラクスラーがベンチスタートで、DFベネディクト・ヘーヴェデスが入った。その他、GKマヌエル・ノイアー、FWマリオ・ゴメス、MFメスト・エジルらが先発メンバーに名を連ねている。

 一方のイタリアもスペイン戦から1名を変更。太ももを負傷したMFダニエレ・デ・ロッシが外れて、代わりにMFステファノ・ストゥラーロがスタメン入り。GKジャンルイジ・ブッフォン、MFエマヌエレ・ジャッケリーニやMFアレッサンドロ・フロレンツィらも先発出場となった。

 試合開始16分、主導権を握っていたドイツにアクシデント発生。足を踏まれたサミ・ケディラが負傷でピッチを後にし、キャプテンのバスティアン・シュヴァインシュタイガーが投入された。

 ドイツは27分、マッツ・フンメルスが左サイドからアーリークロスを供給。エリア内中央のシュヴァインシュタイガーが、競り合った相手を振り切ってヘディングシュートでゴールネットを揺らす。だが、相手DFへのファールをとられ、ノーゴールとなった。イタリアは31分、ジョシュア・キミッヒのトラップミスから、マッティア・デ・シリオが左サイドを抜け出して中央へ折り返し。ジャッケリーニがニアサイドに入ったが、その背後から飛び出したジェローム・ボアテングのディフェンスに阻まれた。

 ドイツは40分、キミッヒが右サイドからアーリークロス。エリア内中央へ走り込んだM・ゴメスが、打点の高いヘディングシュートを放つが、枠を捉えられなかった。イタリアは43分、ジャッケリーニが味方のロングボールでエリア内左に抜け出してマイナスの折り返し。ボールはファーサイドに流れると、ステファノ・ストゥラーロがダイレクトで右足を振り抜くが、シュートはボアテングのブロックに遭い、枠の左に外れた。

 後半に入って65分、ドイツが均衡を破る。左サイドでボールをキープしたM・ゴメスが意表をつくスルーパスをエリア内に入れる。反応したヨナス・ヘクターがそのままマイナスの折り返しを入れると、中央に走り込んだエジルが左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 先制で勢いに乗るドイツは68分、エジルの浮き球スルーパスに反応したM・ゴメスが、エリア内中央に抜け出して胸トラップからヒールシュート。だがこれはGKブッフォンの好セーブに阻まれた。すると78分、イタリアがドイツDFボアテングのハンドでPKを獲得。キッカーのレオナルド・ボヌッチが落ち着いてゴール右隅に決めて、試合を振り出しに戻した。

 その後は両チームとも勝ち越しを狙うが、1-1のまま90分が終了し、延長戦に突入。しかし、両チームとも疲労から、なかなかチャンスを作れない。イタリアは113分、延長後半から途中出場のロレンツォ・インシーニェがエリア内左に抜け出してシュートを放つが、GKノイアーにキャッチされた。ドイツは119分、ボアテングの落としから、エジルがエリア手前右からダイレクトシュートを放つが、これもGKブッフォンにキャッチされた。試合はこのまま120分でも決着がつかず、PK戦に入る。

 先攻のイタリアは5人成功して迎えた9人目で痛恨の失敗。後攻のドイツが9人目も成功し、PK戦を6-5で制してベスト4進出を果たした。ドイツは7日に行われる準決勝で、フランス代表とアイスランド代表の勝者と対戦する。

【スコア】
ドイツ代表 1-1(PK:6-5) イタリア代表

【得点者】
1-0 65分 メスト・エジル(ドイツ)
1-1 78分 レオナルド・ボヌッチ(PK)(イタリア)

【PK戦結果】
■イタリア(先攻)
1 ロレンツォ・インシーニェ ○
2 シモーネ・ザザ ×
3 アンドレア・バルザーリ ○
4 グラツィアーノ・ペッレ ×
5 レオナルド・ボヌッチ ×
6 エマヌエレ・ジャッケリーニ ○
7 マルコ・パローロ ○
8 マッティア・デ・シリオ ○
9 マッテオ・ダルミアン ×

■ドイツ(後攻)
1 トニ・クロース ○
2 トーマス・ミュラー ×
3 メスト・エジル × 
4 ユリアン・ドラクスラー ○
5 バスティアン・シュヴァインシュタイガー ×
6 マッツ・フンメルス ○
7 ヨシュア・キミッヒ ○
8 ジェローム・ボアテング ○
9 ヨナス・ヘクター ○

SOCCER KING

最終更新:7月3日(日)18時10分

SOCCER KING