ここから本文です

GKブッフォン、PK戦でのユーロ敗退に涙「すべてを出し切った」

SOCCER KING 7月3日(日)11時43分配信

 ユーロ2016準々決勝が2日に行われ、イタリア代表はドイツ代表と対戦し、PK戦の末に敗れた。試合後、同国主将を務めるGKジャンルイジ・ブッフォンがコメントを残した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 先制点を許しながらも、レオナルド・ボヌッチのPKで同点に追いついたイタリア。その後、延長戦でも決着がつかなかった同試合はPK戦へもつれ込んだ。それでも、9人目までもつれ込んだPK戦で勝利することができず、イタリアのユーロ敗退が決定した。

 同紙によると、試合後のブッフォンは涙を流しながら、「僕らは本当にすべてを出し切ったけど、今は大きな失望がある」とコメント。勝敗を分けたPK戦に関しては、「(最初の)相手5人中3人が失敗しても、勝つためには十分でなかった。説明できないよ」と振り返り、敗北を悔やんだ。

 今大会のイタリアはグループステージの第1節でベルギー代表を撃破。決勝トーナメント1回戦では3連覇を目指していたスペイン代表に勝利した。これまでを振り返ってブッフォンは、「僕らは良い結果のため、夢を追いかけるために汗を流した。僕らができる最大限のことをした」と全力で戦ったことに胸を張った。

SOCCER KING

最終更新:7月3日(日)17時25分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]