ここから本文です

デシャン、初出場の小国アイスランドを警戒「偶然勝ち上がったわけではない」

ゲキサカ 7月3日(日)10時18分配信

 フランス代表のディディエ・デシャン監督は快進撃を続けるアイスランド代表を警戒している。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えている。

 フランスは3日、EURO2016準々決勝でアイスランドと対戦する。ここまでアイスランドとは11試合で8勝3分と負けなしだが、この試合ではMFエンゴロ・カンテとDFアディル・ラミが出場停止。開催国といえど、調子の上がらないフランスにとっては厳しい戦いが予想される。

 対する初出場のアイスランドは1勝2分の無敗でポルトガルらと同居のグループFを2位突破。初の決勝トーナメント進出を決めると、6月27日のイングランド戦で先制されながらも一気の逆転で、人口わずか33万人ほどの小さな国のアイスランドが、フットボール発祥の地であるイングランドを倒す波乱を起こしてみせた。

 デシャン監督は「アイスランドは偶然ここまで勝ち上がってきたわけではない。それだけの戦いをしてきたからであり、それだけのクオリティーを持っているからだ。35~40メートルのロングスローは、彼らにとってFKのようなものだ。しっかりとつなぎ、流れの中からチャンスを作ることもできる相手だ。アイスランドはイングランドを倒すに値するチームで、クオリティーの高いプレーで勝利を収めている」と警戒している。

「立ち上がりの内容が良くても、次第に悪くなっていくチームは何度も見ている。これまでの我々がそうだったように、その逆になるようにしたい。流れが良くないと判断すれば、私は手を打つ。前回の試合で、35分からキングスレー・コマンにウォームアップを命じたようにね」

 最新FIFAランキング17位のフランスが、同34位のアイスランドの快進撃を止めるか。試合は日本時間4日の午前4時キックオフを予定している。

最終更新:7月3日(日)10時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]