ここから本文です

岡山、清水ともに譲らず…好調なチーム同士の一戦はドロー決着

ゲキサカ 7月3日(日)19時59分配信

[7.3 J2第21節 岡山 2-2 清水 Cスタ]

 J2は3日、第21節を開催し、シティライトスタジアムではここ5戦負けなし(4勝1分)で4位のファジアーノ岡山とここ6戦負けなし(4勝2分)で6位の清水エスパルスが対戦。スコアレスで折り返した試合は、後半に2点ずつを奪い合って2-2で引き分けに終わった。

 序盤からホームの岡山がボールを保持する展開となったが、清水の守備を攻略し切れずになかなか決定機を創出できない。すると前半20分には清水が好機を生み出し、MF竹内涼とのパス交換で前を向いたMF石毛秀樹がミドルレンジから狙ったが、枠を捉えたシュートはGK中林洋次に左手1本で弾き出されてしまった。

 スコアレスのまま後半を迎えると、後半12分に清水が決定機を生み出す。竹内の縦パスをMF白崎凌兵がワンタッチで流すと、最終ラインの裏に走り込んだMF枝村匠馬の折り返しからゴール前で石毛がフリーになる。しかし、右足ダイレクトで合わせたボールは枠上に外れてしまい、先制点を奪うには至らなかった。

 さらに攻勢を強める清水は後半18分、竹内のシュートのこぼれ球に反応した石毛が至近距離から放ったシュートは好反応を見せた中林に阻まれ、その流れから白崎が折り返したボールを石毛がダイビングヘッドで合わせようとするがジャストミートしなかった。しかし同22分、右サイドでボールを受けたMF村田和哉が突破してクロスを送ると、ゴール前に走り込んだFW鄭大世がヘディングで叩き込み、清水が先制に成功した。

 だが、すぐさま岡山が同点に追い付く。同26分、DF竹田忠嗣、MF伊藤大介と縦パスをつなぐと、トラップで相手DFを置き去りにした豊川が右足シュートでネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。さらに同31分には右サイドから豊川が送ったグラウンダーのクロスを伊藤がダイレクトで狙ったシュートはジャストミートしなかったが、伊藤自らがこぼれ球を左足シュートでネットに突き刺し、岡山が一気に逆転に成功した。

 その後は清水が反撃に出ると、後半34分には鄭大世が決定的なシュートを放つが中林にストップされてしまう。しかし同40分、右サイドからMF河井陽介が送った柔らかいクロスを、ファーサイドの白崎が蹴り込んで同点に追い付き、試合は2-2のドローに終わった。

最終更新:7月3日(日)20時2分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]