ここから本文です

まさかの空振りから‟幸運な先制点”…愛媛、瀬沼&安田弾で千葉撃破

ゲキサカ 7月3日(日)21時9分配信

[7.3 J2第21節 愛媛 2-1 千葉 ニンスタ]

 J2は3日、第21節を開催し、ニンジニアスタジアムでは愛媛FCとジェフユナイテッド千葉が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半3分と同6分にゴールを記録した愛媛が千葉の反撃を1点に抑えて2-1の勝利を収めた。

 序盤からアウェーの千葉が主導権を握って試合を進める。しかし前半15分、右サイドのFW船山貴之からパスを受けたFWエウトンがトラップから左足シュートを狙うも、ボールは枠を捉え切れず。同27分にはMF長澤和輝のスルーパスから右サイドを駆け上がったMF町田也真人のクロスから、ゴール前でフリーになったMF井出遥也がジャンピングボレーで狙うもジャストミートさせることができなかった。

 スコアレスのまま後半を迎えると、後半3分に思わぬ形から愛媛が先制に成功する。MF小島秀仁が送ったロングボールを処理しようと、PAを飛び出した千葉GK佐藤優也がまさかの空振り。こぼれ球を拾ったFW瀬沼優司が無人のゴールに蹴り込み、スコアを1-0とした。

 勢いに乗った愛媛は後半6分、MF内田健太が蹴り出したCKをFW阪野豊史がヘッドで流すと、DF林堂眞がつないだボールをMF安田晃大がヘッドで押し込んでリードを2点差に広げる。

 その後は反撃に出た千葉が後半40分、FWオナイウ阿道のラストパスから町田がネットを揺らして1点差に詰め寄ったがあと一歩届かず。逃げ切った愛媛が2-1の勝利を収めた。

最終更新:7月3日(日)21時9分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]