ここから本文です

カンテの後釜か?レスターがラニエリの愛弟子を獲得、今夏3人目の補強

ゲキサカ 7月3日(日)22時17分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは3日、MFナンパリス・メンディ(24)獲得でニースと合意に達したことを発表した。契約は4年契約。レスターにとって今夏、GKロン・ロバート・ツィーラーとDFルイス・エルナンデスに続いて3人目の補強となった。

 24歳のメンディはモナコのユース出身で2010年にプロ契約を結んだ。モナコではBチームを含めて13年6月までプレーし、ニースに移籍。13-14シーズンから3シーズン連続で30試合に出場するなど、チームに欠かせない選手として活躍している。また、メンディはクラウディオ・ラニエリ監督のモナコ時代の教え子でもあり、ラニエリ監督がレスターの指揮官に就任した昨夏にも獲得候補に挙がっていた。

 クラブを通じてメンディは「レスターに加入できてとても嬉しいよ。このレベルでプレーすることを望んでいた。プレミアリーグが好きだし、毎試合追ってるんだ。スピードもフィジカルもリーグを戦う上で成長していきたいね。ラニエリの事も知ってるさ。彼のメンタリティや哲学もね。彼の言葉は明快だし、僕にはそれが好ましいんだ」と期待に胸をふくらませる。

 レスターは15-16シーズンの優勝に大きく貢献したフランス代表MFエンゴロ・カンテの移籍報道が絶えず、英『テレグラフ』によると、カンテはレスターからの新たなオファーを断るつもりだという。さらに、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなど多くのビッグクラブが獲得を希望しているが、カンテ自身はチェルシーが本命のようだ。

最終更新:7月4日(月)21時31分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]