ここから本文です

コンテ・チェルシー、ベルギー代表FWバチュアイを獲得! 川島の元同僚

ゲキサカ 7月3日(日)23時46分配信

 チェルシーは3日、ベルギー代表FWミヒー・バチュアイ(22)の移籍でマルセイユと合意に達したと発表した。期間は5年契約となる。

 スタンダール・リエージュでプロデビューを果たしたバチュアイは、11年2月20日にゲント戦でトップチームデビュー。日本代表GK川島永嗣ともチームメイトだった。その後、ゴールを量産するなど活躍すると、14年6月26日にマルセイユに移籍。15-16シーズンは公式戦49試合で23ゴール10アシストを記録した。

 ベルギー代表としては15年3月28日のキプロス戦でA代表デビュー。この試合で代表初得点も記録した。また、フランスで開催中のEURO2016のメンバーにも招集され、決勝トーナメント1回戦・ハンガリー戦で得点も挙げていた。

 クラブを通じてバチュアイは「欧州を代表するクラブの一員になれて嬉しいよ。自分のキャリアも新たな段階に来た実感がある。チェルシーではたくさんのトロフィーを手にしたいね。(ベルギー代表で同僚の)エデン・アザールやティボー・クルトワには話をよく聞いていたよ。アントニオ・コンテとの仕事も楽しみだ。プレミアリーグでのプレーにはワクワクしてる」とコメントしている。

 なお、バチュアイは、アントニオ・コンテ監督が2016-17シーズンから指揮するチェルシーの最初の補強となる。

最終更新:7月4日(月)21時31分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報