ここから本文です

フォースメディア、データ・リカバリ・サービス付きHDD搭載のQNAP NAS製品

BCN 7月4日(月)10時20分配信

 フォースメディア(池田譲治代表取締役)は7月1日、Seagateの+Rescueデータ・リカバリ・サービス付きHDDを搭載したQNAP NAS製品を発売すると発表した。

 「Seagate+Rescueデータ・リカバリ・サービス(SRS)」は、NASのシステム障害、機器の水没、電源が入らない、データを誤って消去してしまったなど、HDDのもしもに備えるデータ復元サービス。障害発生時には、Seagateのリカバリ・ラボで専任の技術者がデータ復元作業を実施し、復元データを通常15営業日以内に顧客に返送する。

 サービス費用は、対象製品の価格に含まれており、製品の保証期間中にデータ・リカバリ・サービスを1回無料で利用できる。データ復元成功率は90%以上、Seagateの顧客満足度は95%となっている。

 また、導入後の安定した運用をサポートし、安心して利用できる独自のサポートも、オンサイト保守(1年-5年)、先出しセンドバック保守(1年-5年)から選択可能で、24時間365日サービスにも対応している。

 なお、フォースメディアでは、SRSの取り扱い開始にあたり、「+Rescue無料キャンペーン」を期間限定で実施する。キャンペーン期間中は、QNAP NASのHDD搭載モデルを購入した顧客に、SRS付きHDDをサービス費用の追加なしで搭載する。

最終更新:7月4日(月)10時20分

BCN