ここから本文です

蔡総統「大鉈を振るった改革が必要」=軍部で相次ぐ不祥事受け/台湾

中央社フォーカス台湾 7月4日(月)12時35分配信

(高雄 4日 中央社)蔡英文総統は4日、高雄市内で行われた陸海空軍の各軍官学校(士官学校)による合同卒業式に出席し、「軍には大鉈(なた)を振るった改革が必要だ」と述べた。

軍部では先月末から、兵士が動物を虐待死させたり、哨戒艇の対艦ミサイルを誤射して民間人4人を死傷させるなどの不祥事が相次いでいる。

蔡総統は挫折した時こそしっかりと歩みを進め、困難に立ち向かうべきだと卒業生らを激励。また、総統として「問題と責任から逃れることはしない」との考えを示した。

(呂欣ケイ/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月4日(月)12時35分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。