ここから本文です

【中国】G20首脳会合に合わせ7連休、杭州市

NNA 7月4日(月)8時30分配信

 浙江省杭州市政府は6月30日、杭州市で9月4、5日に行われる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせ、市内の行政機関などを対象に9月1~7日を休みにすると発表した。同市の交通量を減らし、G20首脳会合に参加する各国代表団のスムーズな移動を確保するためとしている。
 対象となる地域は、杭州市の◇上城区◇下城区◇江干区◇拱墅区◇西湖区◇浜江区◇蕭山区◇余杭区◇富陽区――の計9区。桐廬県、淳安県、建徳市、臨安市は対象外となる。
 杭州市にある省級行政機関、杭州市および区の行政機関などが主な休みの対象。企業については実際の状況に基づいて企業側が対応を決定するとしているが、原則として休暇とするよう推奨する。治安維持や医療、報道の関係者は対象外となる。
 9月1~7日を7連休に調整するのに伴い、8月28日の日曜日と9月10日の土曜日、同11日の日曜日の3日は出勤となる。
 詳細は杭州市人民政府のウェブサイト<http://www.hangzhou.gov.cn/art/2016/6/30/art_933506_1157716.html>で確認できる。

最終更新:7月4日(月)9時20分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。