ここから本文です

欅坂46、紺野アナから金言受けるも「モー娘。時代知ってる?」質問に…

デイリースポーツ 7月4日(月)6時0分配信

 アイドルグループ・欅坂46が3日、埼玉県内で、メンバー総出演のテレビ東京系主演ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(16日スタート、土曜深夜0・20)の会見を行い、司会を務めた元モーニング娘。で同局の紺野あさ美アナウンサー(29)から“金言”を送られた。

 ドラマは、何者かによって殺された担任教師の遺体をなぜか隠してしまった高校生たちが、教室にくる刑事や記者にバレないよう奮闘する学園コメディー。演技初挑戦の欅坂メンバーのため、1カ月半前からリハーサルを行ってきたという。

 会見にも不慣れなのか、この日の質疑応答も欅坂メンバーは、どこかぎこちない雰囲気。報道陣から“アイドルの先輩”として欅坂へのアドバイスを求められた紺野アナは「褒められるような人生を歩んでないですが」と恐縮しながら、「今は大変だと思うけどチャンスをもらってると思うので、遺体と向き合って頑張ってね」とエールを送った。

 デビュー曲でセンターを務めた欅坂の平手友梨奈(15)とは、ひとまわり以上、年齢が違う紺野アナ。01~09年まで所属したモー娘。時代の経験を踏まえて“大変な時間こそ貴重な経験”と助言した。その後、モー娘。時代を知っているか聞かれた欅坂メンバーの反応がいまひとつだったのは、ご愛嬌(あいきょう)だが…。

最終更新:7月4日(月)6時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。