ここから本文です

近畿地方・和歌山新宮で36.8度 大阪は猛暑日一歩手前

THE PAGE 7月4日(月)17時59分配信

近畿地方・和歌山新宮で36.8度 大阪は猛暑日一歩手前

 晴れ間が見られたが、厚い雲も各所でみられた4日の近畿地方。だが、梅雨とは思えない暑さも続いており、大阪府枚方市では同日午後5時までに最高気温34.9度(気象庁調べ)と猛暑日の一歩手前。大阪市内でも34.6度といずれも今年の最高気温を観測した。京都府京都市では35.2度、奈良県上北山村村では35.4度、和歌山県新宮市では36.8度と、猛暑日を観測した。

【拡大写真付き】天神橋筋商店街付近でも、暑さを避けるようにアーケード内へ急ぐ人たちの姿が

あす5日も高温が予想され熱中症に注意

 大阪管区気象台によると、4日夜の近畿地方は湿った空気や日射の影響で概ね曇りとなり、雨や雷雨となるところがあり、激しく降るところもある見込みだという。

 また、あす5日も高温が予想されるため、同気象台は「熱中症の危険が特に高くなる見込みのため、水分をこまめに補給するなど、十分な対策を取って」と注意を呼びかけている。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=33.72411110000001&lon=135.9929621&z=9

最終更新:7月4日(月)18時35分

THE PAGE