ここから本文です

鈴木亜美“サムライ系”7歳下会社員と入籍 すでに妊娠3カ月!

デイリースポーツ 7月4日(月)6時58分配信

 歌手でDJとしても活躍する鈴木亜美(34)が、会社員の男性(27)と結婚し、現在妊娠3カ月であることを3日、発表した。デビュー記念日だった1日の仕事終わりに2人で都内の区役所に婚姻届を提出。交際7カ月のスピード婚で、今春から同居しているという。挙式・披露宴は未定。鈴木は所属事務所を通じて報道各社に「こんなにも愛おしくて大切に想える家族が私にも持てた事を、本当に幸せに思います」と喜びのコメントを寄せた。

 あみ~ゴのアモーレは7歳年下の一般男性だった。

 所属事務所によると、お相手は身長180センチを超える長身で、剣道5段の“サムライ系男子”。幼少期から剣の道で将来有望と期待され、特待生として学生時代に研さんを積んだスポーツマンという。関係者は「似ている芸能人の方はいないのですが、塩顔の美男子です」と明かした。

 出会いは、鈴木が友人とアジアの国へ旅行した昨秋という。帰国後に食事などのデートを重ねて昨年末に交際に発展。プロポーズの言葉は鈴木の代表曲のタイトル「BE TOGETHER(一緒にいて)」ではなかったというが、デビュー記念日にゴールインした。子宝にも恵まれ、来年1月に第1子を出産する予定だ。

 鈴木は「一緒に過ごす中で、ありのままの私をいつも優しく見守ってくれて、そして、男らしく力強く、私を支えていてくれるそんな誇らしい姿に、人生を共に歩んでいける存在として意識し始め、この度、結婚の運びとなりました」と報告。「短い交際期間ですが、お互いに支え合い、笑顔で温かい、ささやかな家庭を築いていきたいと思います」と決意表明した。

 今後は8月2日に東京・代々木第一体育館で開催されるライブイベント「FEVER a-nation by SANKYO」に出演予定。体調と相談しながら活動していく。

最終更新:7月4日(月)8時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。