ここから本文です

4K・8KのTV放送は2018年より実用放送が開始予定、2016年8月からは試験放送も

インサイド 7月4日(月)14時34分配信

総務省は、4Kテレビ・4K対応テレビにおける超高精細度テレビジョン放送(BS等4K・8K放送)に関する資料を公開しています。

2018年には、衛星基幹放送による4K・8Kの実用放送が始まります。総務省はそれら放送が家庭で視聴できるよう環境整備を進めており、今回は視聴の方法などを周知するリーフレットを公開しました。

2016年8月からは、BS・110度CSによる4K・8Kの試験放送が開始予定。市販されているテレビで視聴することはできませんが、日本放送協会の各放送局などで視聴可能となります。

なお、現在発売されている4Kテレビ・4K対応テレビでBS・110度CSの4K・8Kの放送を見るには、実用放送開始にあわせて発売予定の外付けチューナーなどの機器が別途必要となります。

これから登場する家庭用ゲーム機の中には4K解像度に対応予定となっているものもあるため、これらスケジュールに合わせ4Kテレビを導入することがひとつの指針になるかもしれません。

最終更新:7月4日(月)14時34分

インサイド