ここから本文です

上坂すみれ、ニュー・シングル「恋する図形(cubic futurismo)」を発表

CDジャーナル 7月4日(月)17時14分配信

上坂すみれ、ニュー・シングル「恋する図形(cubic futurismo)」を発表

上坂すみれ、ニュー・シングル「恋する図形(cubic futurismo)」を発表

 きたる12月23日(金・祝)には、自身最大規模の会場となる東京・両国国技館でのライヴが決定した上坂すみれがニュー・シングル「恋する図形(cubic futurismo)」を8月3日(水)にリリースします。作詞・作曲・編曲をTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが手がけたタイトル曲は、7月7日(木)から放送される「この美術部には問題がある!」のエンディング・テーマです。

 月刊コミック誌「電撃マオウ」に連載されている、いみぎむるの人気漫画をTVアニメ化した「この美術部には問題がある!」は、とある中学校の美術部を舞台に、絵の才能に恵まれながら「二次元嫁」を描くことにしか興味のない男子“内巻くん”と、そんな男子が気になる片思い女子“宇佐美さん”を中心に展開される文化系部活コメディ。エンディングを飾る「恋する図形(cubic futurismo)」も美術用語満載の楽曲となっており、タイトルに合わせて図形をあしらったジャケット・アートワークが目を引く作品となっています。

最終更新:7月4日(月)17時14分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。