ここから本文です

第2子妊娠の大渕愛子弁護士 国分の祝福に「ありがとうございます」

東スポWeb 7月4日(月)11時14分配信

 第2子妊娠を発表した大渕愛子弁護士(38)が4日、TBS系朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金、午前8時)に出演し、MCの国分太一(41)、真矢ミキ(52)の祝福に笑みを見せた。

 大渕弁護士は3日、所属事務所を通じファクスで「安定期に入りましたので、ご報告させていただきます」と第2子妊娠を報告した。「平素大変お世話になり、ありがとうございます。私、大渕愛子は、このたび、第二子を妊娠いたしました。安定期に入りましたので、ご報告させて頂きます。昨年の3月に長男が生まれ、現在、1歳3か月になります。『弟か妹ができたらいいね』と、夫と話しておりましたので、とても嬉しく思っております。お腹の中の子が無事に生まれてきてくれることを祈りつつ、出産までリラックスして穏やかに過ごしていきたいと思います。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします」と喜びのコメントを寄せた。

 この日、番組の最後に国分から「妊娠したそうで」と話を振られた大渕弁護士は、照れながらも「私事ですが、ありがとうございます」と答えた。

 大渕弁護士は俳優・金山一彦(48)と2014年8月に結婚し、15年3月に第1子となる男児を出産した。

最終更新:7月4日(月)11時38分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。