ここから本文です

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』のアニメ化が決定、2016年冬にOVAとしてオンデマンド配信

ファミ通.com 7月4日(月)12時1分配信

●アニメ化発表PVも公開
 インティ・クリエイツは、配信中のニンテンドー3DS用ソフト『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』のアニメ化を発表。2016年冬(年末)にOVAとしてオンデマンド配信され、ニンテンドーeショップでの先行配信も予定されている。

 以下、リリースより。

----------

ニンテンドー3DS「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト」がアニメ化決定!

 米国ロサンゼルス市で7/1~7/4の間開催している Anime Expo 2016 のパネル内で、ニンテンドー3DSソフト「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト」のアニメ化を発表致しました。

 パネルは本作のエグゼクティブプロデューサー/アクション監修を務める稲船敬二氏(株式会社comcept CEO / コンセプター)とプロデューサーを務める會津卓也(株式会社インティ・クリエイツ 代表取締役)が登壇し、稲船敬二氏とインティ・クリエイツのこれまでの関わりを説明した後、ニンテンドー3DS用ソフト「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト ストライカーパック」(英名:AZURE STRIKER GUNVOLT: STRIKER PACK)及び「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト 爪(ソウ)」(英名:Azure Striker GUNVOLT 2)の北米地域での発売日が2016年9月30日に決定した事を発表しました。

 その後、「蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト」のグッズ展開に話が進み、最後にアニメ化を発表、そのアニメをニンテンドーeショップで先行販売する考えなどを披露しパネルは終了しました。

 アニメは2016年冬(年末)にOVAとしてオンデマンド配信を予定しています。
 ゲームを遊んだ事がある人も、遊んだことがない人も楽しめる内容になる予定ですので追って発表される詳細をご期待ください。

【スタッフ】
監督/コンテ/演出:小高義規
脚本:村越 繁
キャラクターデザイン/作画監督:砂川正和
アクション作画監督/キーアニメーター:川瀬広大
プロップ/メカデザイン:中原竜太
撮影監督:蔡 伯崙
美術監督:倉田憲一
色彩設計:寺分神奈
動画検査:松山美紀江
美術:獏プロダクション
撮影:LandQ Studio's
制作:東北新社×LandQ Studio's

最終更新:7月4日(月)12時1分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。