ここから本文です

『アリス…』新作が動員ランキング初登場1位!『ズートピア』は3位に

ぴあ映画生活 7月4日(月)14時39分配信

2016年7月2日、3日の全国映画動員ランキングは、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(全国354館)が初登場1位になった。

その他の画像

本作は、『アリス・イン・ワンダーランド』を監督したティム・バートンが製作を担当したファンタジー。ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、アン・ハサウェイらが続投し、サシャ・バロン・コーエンがタイム役で出演。懐かしい仲間たちと再会したアリスが体験する時間をさかのぼる不思議な冒険を描く。

2位は『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(全国289館)。3位の『ズートピア』(全国342館)は公開11週目を迎えるもTOP3内にとどまっており大ヒット中だが、配給は7月15日(金)で上映終了を発表している。

そのほか初登場5位に『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』(全国184館)が入った。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
2位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
3位『ズートピア』
4位『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
5位『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』
6位『貞子vs伽椰子』
7位『64-ロクヨン- 後編』
8位『日本で一番悪い奴ら』
9位『クリーピー 偽りの隣人』
10位『デッドプール』

最終更新:7月4日(月)14時39分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。