ここから本文です

蒼井優「アズミ・ハルコは行方不明」に高畑充希、太賀、葉山奨之、加瀬亮ら出演

映画ナタリー 7月4日(月)5時0分配信

蒼井優が主演を務める「アズミ・ハルコは行方不明」の追加キャストが発表され、高畑充希、太賀、葉山奨之、加瀬亮らが出演することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

山内マリコの同名小説を原作にした「アズミ・ハルコは行方不明」は、独身OL・安曇春子の失踪をきっかけに起こる出来事を、彼女が消えるまでと消えたあとの時間を交錯させながら描く青春サスペンス。「私たちのハァハァ」の松居大悟がメガホンを取り、蒼井が春子を、シンガーソングライターの石崎ひゅーいが蒼井の相手役を演じる。

高畑、太賀、葉山が扮するのは、行方不明になった春子の顔をグラフィティアートとして街中に拡散する若者集団のメンバー。加瀬は町の交番に勤める巡査を演じ、そのほか菊池亜希子、山田真歩、落合モトキ、芹那、花影香音、柳憂怜、国広富之が脇を固める。

自身が演じる20歳のギャル・アイナについて高畑は「到底私の手には負えなさそうな、幼さと足りなさと爆発力を持った、でも守ってあげたくなるような。どんな風にお近づきになればいいか分からない女の子でした」とコメント。続けて「撮影中は沢山沢山悩みましたが、松居監督が同じ目線で一緒に悩んで走ってくれたことや、大好きな蒼井優さんが寄り添って守ってくれたこと、年齢の若いチームのパワーに引っ張られて、なんとか乗り切れました」と撮影現場を述懐している。

「アズミ・ハルコは行方不明」は12月より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー。

高畑充希 コメント
都内の魚料理屋さんで、この役やって欲しいんだけど、と松居監督に口説いてもらったこのアイナという役。到底私の手には負えなさそうな、幼さと足りなさと爆発力を持った、でも守ってあげたくなるような。どんな風にお近づきになればいいか分からない女の子でした。撮影中は沢山沢山悩みましたが、松居監督が同じ目線で一緒に悩んで走ってくれたことや、大好きな蒼井優さんが寄り添って守ってくれたこと、年齢の若いチームのパワーに引っ張られて、なんとか乗り切れました。どんな風に皆さんのもとにこの作品が届いてゆくのかが、とてもとても楽しみです。



(c)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

最終更新:7月4日(月)5時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。