ここから本文です

【タイ】シンガ系ブティックホテル、アソークで開業

NNA 7月4日(月)8時30分配信

 シンガポール系ホテル運営会社のシンガ・マネジメントは、6月29日にバンコク中心部のアソーク通りでブティックホテル「クローバー・アソーク」を正式開業したと発表した。1日付ポストトゥデーが報じた。
 クローバー・アソークは全95室。5年前に買収したビルをブティックホテルに改装した。宿泊料金は1泊3,000~4,000バーツ(約8,800~1万1,700円)。国内のホテルでは初めて女性客専用階を2フロア導入した。
 メーンの顧客は週末を利用してタイを訪れるシンガポール人の観光客。ソフトオープンでは宿泊客全体の30%がシンガポール人となっており、今後40%まで増える見通し。初年度の客室稼働率目標は70%。2年目以降は80%を目指す。
 クローバー・アソークの稼働率が80%に達した時点で、バンコク2カ所目のブティックホテルを開業する。南部プーケット、北部チェンマイなど地方の観光都市にも進出し、向こう3~4年で計5カ所での開業を目指す。

最終更新:7月4日(月)9時20分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。