ここから本文です

最終18番イーグル 42歳が逃げ切りでツアー初勝利

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月4日(月)13時4分配信

◇米国男子◇バラクーダ選手権 最終日◇モントルーG&CC(ネバダ州)◇7472yd(パー72)

世界最高峰の舞台 PGAフォトギャラリー

ツアーで唯一のポイント制(※)で争う「ステーブルフォード方式」の大会最終日、42歳のグレッグ・チャルマースが1イーグル2バーディ、5ボギーでプレー。4ポイントを加算して通算43ポイントとし、2日目からの首位を守ってツアー初優勝を飾った。

終盤17番までに後続に1ポイント差に迫られたが、最終18番(パー5)で、残り232ydからピンそば2.5mにつける会心の2打目。イーグルを奪い、劇的な幕切れで勝利した。

2位には通算37ポイントとしたゲーリー・ウッドランド。コルト・ノストが通算35ポイントで3位に入った。

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

最終更新:7月4日(月)13時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。