ここから本文です

欅坂46初主演ドラマに「みんなで乗り越えられるのが楽しい」

音楽ナタリー 7月4日(月)6時0分配信

昨日7月3日、欅坂46がドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」の製作発表記者会見を行い、初主演ドラマへの意気込みを語った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

7月16日(土)よりテレビ東京系「土曜ドラマ24」枠にて放送される「徳山大五郎を誰が殺したか?」は、担任の男性教師の遺体を発見した女子高生たちが、遺体を隠してしまったことから始まるスリリングな日々を描く学園ミステリー。企画および原作は秋元康が担当しており、主題歌には欅坂46の新曲「世界には愛しかない」が採用された。

記者会見はドラマの撮影の合間に行われ、メンバーは衣装を着て登壇。ドラマ内でグループのリーダー的な生徒を演じるメンバーが意気込みなどを語った。積極的に犯人を探す生徒を演じる平手友梨奈は「『サイレントマジョリティー』のように意志の強い女の子を演じています。せっかく欅坂46全員が主演なのでいい作品にできればと思います」と述べ、体育会系グループに所属する生徒に扮する守屋茜は「役柄と自分と似ている点は負けず嫌いなところ。違うところはリーダーシップが取れるところ。全員でドラマに主演できることがうれしくて、撮影で難しいところがあってもみんなで乗り越えられるのが楽しい」と笑った。学級委員長役に起用された菅井友香はメガネをかけ、役柄をほうふつとさせる姿で登場。彼女は「演技は初めてで壁にぶつかったりしたんですけど、スタッフさんが熱心に指導してくださって、私もそれに応えられるように自分に与えられた役をものにできるようがんばっていきたい」と意気込んだ。

グループのリーダー格を演じる渡邉理佐は、「本当の自分はリーダーっていうまとめたりするよりは、誰かについていくタイプなのでこの役は難しいなって思ったんですが、そういう女の子を想像しながら演じています」と口にする。また、志田愛佳は「演技が初めてなので、テレビを観てくださる方に伝わるよう演じたいと思います」と述べ、今泉佑唯は「自分と似たおっちょこちょいの役柄なので演じてて楽しいです」とコメント。渡辺梨加はクマのぬいぐるみを抱きながら、「私は不思議な役柄なので、普段言わないようなセリフを言うのが新鮮で楽しいです」とおっとりとした口調で述べた。

また記者陣から「誰が犯人だと思いますか?」と問われると、メンバーは一斉に思い思いのメンバーを指差す。もっとも多く指名される結果となった渡辺梨加は、目を泳がせながら「違うと思います……」と小声で否定。司会者の「オンエアを観てのお楽しみにということですね」という言葉で会見が終了した。

テレビ東京系「徳山大五郎を誰が殺したか?」
2016年7月16日(土)24:20~

最終更新:7月4日(月)6時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。