ここから本文です

マーク・ハミル「SW エピソード8」でのルーク死亡説に「すべてを深読みしないで」

映画.com 7月4日(月)11時30分配信

 [映画.com ニュース] 現在撮影が行われている「スター・ウォーズ エピソード8」で、ルーク・スカイウォーカーが死亡するという憶測が広まっている。

 きっかけは、ルーク役を演じるマーク・ハミル。英ロンドンでホームレス支援のためのチャリティイベントに参加したハミルは、「『エピソード8』を終えたら職なしだ」と発言した。コリン・トレボロウ監督がメガホンをとる「エピソード9」の製作が決まっているなかでのコメントで、「エピソード8」でルークが死亡するのではないかという憶測が一気に広まった。

 これまでのエピソードで、オビ・ワン=ケノービ(アレック・ギネス)、ヨーダといった主要キャラクターが劇中で死亡していることもあり、「エピソード8」以降でも主要キャラクターの誰かが“鬼籍”に入るのではないかという説が広まっている。しかし、この憶測をハリウッド・レポーター紙が報じると、ハミルが自らのTwitterで完全否定。「『職なし』といったのは、『エピソード8』がそろそろクランクアップするからだ」と説明。ハッシュタグでは、「すべてを深読みしないでくれ」(#DontOverThinkEVERYTHING)と告げている。

最終更新:7月4日(月)11時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。