ここから本文です

<i☆Ris>新衣装で新曲「Re:Call」披露 芹澤優がタイトル命名 

まんたんウェブ 7月4日(月)15時14分配信

 声優6人組アイドルユニット「i☆Ris(アイリス)」が3日、ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージ(東京都江東区)で13枚目のシングル「Re:Call」(8月3日発売)のリリースイベントを開催した。メンバーは「Re:Call」のジャケットで使用されている黒い新衣装で登場し、タイトル曲を披露した。

【写真特集】可愛いと話題のメンバーの写真 セクシーな新衣装で熱唱

 「Re:Call」は、テレビアニメ「双星の陰陽師」の新オープニングテーマで、同作で音海繭良(おとみ・まゆら)の声優を務めるメンバーの芹澤優さんがタイトルを命名したという。芹澤さんは「主人公・焔魔堂(えんまどう)ろくろと(ヒロインの)化野紅緒(あだしの・べにお)の2人の境遇や、今後、進んでいく“呼び起こす、よみがえる”というストーリーをテーマに、考えました!」と明かした。

 イベント当日は快晴で、強い日差しが照りつける中、メンバーは「Re:Call」のジャケットで使用されている黒い新衣装で登場。リーダーの山北早紀さんは「私たち黒の衣装だから、太陽の光を吸っちゃいますから!」と笑い、「皆さんも熱中症には気を付けてくださいね」とファンに呼びかけた。イベントでは「Re:Call」や「ココロノヲト」、テレビアニメ「プリパラ」のオープニングテーマ「Ready Smile!!」「Make it!」の全4曲を披露した。

 i☆Risは2012年に「アニソン・ヴォーカルオーディション」に合格した山北さん、芹澤さん、茜屋日海夏さん、若井友希さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さんの6人で結成。アニメ「プリパラ」にメンバー全員が声優として出演している。「第10回 声優アワード」の歌唱賞に選ばれ、11月25日に初めて日本武道館(東京都千代田区)でライブを開催することも話題になっている。

最終更新:7月4日(月)15時16分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。