ここから本文です

米兵の飲酒逮捕「本来あってはならない」 政府、米側に抗議

沖縄タイムス 7/4(月) 12:56配信

 【東京】萩生田光一官房副長官は4日午前の記者会見で、同日未明に米軍嘉手納基地所属の軍曹が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたことについて「米軍人などによる事件事故は本来あってはならず、本件の発生はきわめて遺憾」と述べた。
 沖縄防衛局から在沖空軍に、外務省から在日米大使館に対して抗議し、再発防止策の徹底などを申し入れたという。
 軍曹は午前4時すぎに沖縄署に逮捕されており、リバティー制度の外出禁止令に違反している可能性がある。萩生田副長官は「米軍側で綱紀粛正を打ち出し、外出禁止などのさまざまなルールを公表しいる。ぜひ徹底してほしい」と語った。

最終更新:7/4(月) 22:05

沖縄タイムス