ここから本文です

日本マクドナルド45周年記念バーガーが7月6日から販売開始 日本の味とアメリカの味をテーマにした2種で登場

ねとらぼ 7月4日(月)6時55分配信

 日本マクドナルドは、今年7月で45周年を迎えることを記念して、2つの新しいハンバーガーを7月6日から販売します。ひとつは、東京・銀座に日本第1号店ができた1971年を冠した和風バーガー「1971 炙り醤油ジャパン」。もうひとつは、マクドナルド世界第1号店がオープンした1955年のアメリカをイメージしたバーガー「1955 スモーキーアメリカ」で、どちらも期間限定です。

【マクドナルドが登場した日米それぞれの時代を振り返る】

 どちらも通常のビーフパティの約2.5倍ある1/4ポンドパティが使われていて、「1971 炙り醤油ジャパン」は日本がテーマということで醤油ベースのソースを使用。3種のスパイスと甘みのあるソテーオニオンが入った炙り醤油風味ソースとなっています。具材はトマト、レタス、グリルしたベーコン、チェダーチーズなど。

 「1955 スモーキーアメリカ」は、トマトペーストやマヨソースなどを合わせたスモークの香りが特長的な1955ソースを使用。決め手にケチャップを使ったアメリカンな味付けとなっています。具材はトマト、オニオン、レタス、グリルしたベーコンなど。

 ちなみに45周年記念バーガーのパッケージには、それぞれの「開業当日のバーガー発売を伝える新聞」をイメージしたデザインになっているとのことです。

 また、同日より「クラシックフライ はちみつマスタード」も販売。こちらはマックフライポテトに、クリーミーな「はちみつマスタードソース」をかけて食べる新商品で、こちらも期間限定となっています。

 価格は、45周年記念バーガーはどちらも490円、バリューセットが790円。「クラシックフライ はちみつマスタード」は330円で、バリューセットには60円の追加で選べるようになります(すべて税込)。販売期間は「1971 炙り醤油ジャパン」が8月下旬まで、「1955 スモーキーアメリカ」と「クラシックフライ はちみつマスタード」が8月上旬までの予定です。

 発売と同時に「食べ比べツイートキャンペーン」も開催。45周年記念バーガーのどちらを支持するかTwitterで投稿、多数派になったバーガーに投票した人の中から抽選でマックカード5000円分がプレゼントされます。(応募方法:マクドナルド公式Twitter@McDonaldsJapanをフォロー後、購入&支持する商品を撮影、「#1971派」もしくは「#1955派」のハッシュタグをつけて投稿)

(宮原れい)

最終更新:7月4日(月)6時55分

ねとらぼ