ここから本文です

サイズを超えた音の拡がりが特長の“茶楽音人(さらうんど)”イヤフォン新登場

CDジャーナル 7月4日(月)17時14分配信

 トルネード・イコライザー方式のイヤフォンで高い評価を得ている「音茶楽(おちゃらく)」と、設計製造技術を誇る「TTR」によるタッグで誕生した国産イヤフォンブランド「茶楽音人(さらうんど)」が、通常装着と耳かけ装着のどちらにも対応した2ウェイ装着仕様のイヤフォン「Co-Donguri 雫(SHIZUKU)」を新発売。

 本製品では、シリコンイヤーチップ“SpinFit(スピンフィット)”を採用、外耳道の湾曲に沿って装着することで開口部が自然に鼓膜方向に向き、指向性の強い高音域の改善に成功。無理なく耳の奥に挿入できるので密閉度も向上、低音域も改善しています。基本構造は従来モデルの「Donguri-楽(RAKU)」と同様、「音茶楽」独自のトルネード・イコライザー技術によってコンパクトなサイズを超えた音の拡がりを実現しているほか、絡みにくいスパイラル・コードを採用してユーザビリティも追求。なお、耳かけ装着ではタッチノイズが軽減されるため、スポーツ時などのアクティヴなシーンでの活用にも最適です。

最終更新:7月4日(月)17時14分

CDジャーナル