ここから本文です

松岡茉優、納豆クイーンとして白ねば~る君に“強権”発動「衣装の色が白かぶり」

映画.com 7月4日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 女優の松岡茉優が、全国納豆協同組合連合会が「納豆の日(7月10日)」に合わせ選出する2016年度「納豆クイーン」に輝き7月4日、都内で行われた表彰式に出席した。

【フォトギャラリー】松岡茉優が出席した表彰式の模様はこちら

 幼少の頃に祖母が作ってくれた「揚げ納豆」に出合ってから、現在はほぼ毎日、1~2パックは食べるほどの納豆好きを自任。撮影中なども栄養補給のために食べているほどで、「納豆を全国に広めたい思いでいっぱい。私が今日から納豆クイーンです。お任せください」と胸を張った。

 クリスタル製のトロフィを受け取り、「名前も日付も入っている。よっしゃーって感じ。クイーンって響きは、女の子なら誰もが憧れる」と満面の笑み。トロフィは、昨年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でニューウェーブアワード女優部門を受賞して以来2つ目で、「納豆なのでキッチンに飾りたいところですけれど、きれいに保管したいのでとりあえず実家に送ります。母が私より納豆好きなヘビーユーザーので、報告したら“いっぱい食べられるの?”と言っていた。そこは全納連さんと要相談で」とおどけた。

 今年は目覚ましい活躍を見せており、現在もNHKの主演ドラマ「水族館ガール」(毎週金曜後10:00)と大河ドラマ「真田丸」(毎週日曜後8:00)が放送中。「これまでの経験がようやく血肉になってきたので、地に足を着けて(納豆の妖精)ねば~る君のようにビヨーンとのびる飛躍の年にしたい」とさらなる意欲を見せた。

 そのねば~る君も祝福に駆け付けたが、かきまぜた後の変形体であるはずの白ねば~る君も一緒に登壇したため、松岡は「打ち合わせではなかった。ねば~る君は、あまり設定にはこだわらないんですね」と苦笑い。しかも、「白ねば~る君はひと言も発しなかったし、衣装の色が白かぶりなので、コントラスト的にはねば~る君とのところで、こうしてくれれば」と、掲出の際にトリミングを提案するクイーンとしての“強権”を発動していた。

最終更新:7月4日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。