ここから本文です

山崎賢人、MCの質問にナゾの返答… 野村周平は激怒!?

シネマトゥデイ 7月4日(月)12時32分配信

 俳優の山崎賢人と野村周平が4日、都内で行われたフジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」の記者会見に桐谷美玲、三浦翔平と共に出席。山崎の天然ぶりが露呈し、野村が声を荒げるシーンがあった。

【写真】桐谷美玲、山崎賢人ら4ショット

 本作は、湘南の海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロイン・美咲(桐谷)がイケメン三兄弟とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるラブコメディー。

 オレ様主義のカリスマシェフである次男・夏向役の山崎は「すごく面白い夏らしい月9を撮っているので、楽しみにしていてください」と意気揚々。役作りについては「美咲との会話は、美咲が(10のうち)8喋るのに対して夏向は2を返すんですが、それが強烈で圧倒的な強さを誇る感じ。そんな二人の会話が見ていくうちに心地よいなと思うように心がけています」と語った。

 そんな中、MCが「普段はクールな方ですか?」と質問すると、山崎は「普段は“おっべっらげ”」と聞きなれないワードを披露してオロオロ。それを見ていた三浦が「たぶん想定してない質問が飛んできたから(わけがわからなくなった)」と説明。すると、思わぬ場所で天然ぶりをさらしてしまった山崎をフォローするように、野村はMCに「何やってんすか? 質問案以外の質問はしないと言ったじゃないですか!」と激怒するふりで会場を笑いの渦に。山崎も「レールから外れちゃって運転できない」とぶっちゃけ、はにかんでいた。

 絶妙なコンビネーションで仲の良さをうかがわせる4人は撮影も楽しみながら進めているようで、月9初主演の桐谷は「毎日暑い中、頑張っています。良い作品が出来上がっているんじゃないかなと思います」と自信をチラリ。美咲の初恋の人である長男・千秋役の三浦は「クサイ台詞があるんですが、照れずに全力でキュンキュンさせようと思いながらやっています」とにっこり。プレイボーイの三男・冬真役の野村は「僕は誠実さで売っていて、チャラくて女の子大好きという部分が自分にはないので、そこは頑張っていきたいなと思いました」と平然と言ってのけ、報道陣を笑わせていた。(取材/錦怜那)

ドラマ「好きな人がいること」はフジテレビ系にて7月11日スタート 毎週月曜よる9時~(初回15分拡大)

最終更新:7月4日(月)12時44分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。