ここから本文です

「芸能人の炊き出しニュースだけ」行定監督、熊本震災に対する政府とマスコミに苦言

シネマトゥデイ 7月4日(月)12時52分配信

 新作映画の準備の合間をぬって故郷・熊本の被災地に何度も足を運び、震災が起こる以前の熊本で撮った中編『うつくしいひと』のチャリティー上映を全国140か所以上で行っている行定勲監督が、4月中旬に起きた震災後の熊本の現状と、今の思いを熱く語った。

【写真】どんでん返しも話題!中島裕翔のスクリーンデビュー作

 熊本地震のときは本震時に現地入りし、その後、被害が大きかった益城町や南阿蘇村の阿蘇大橋が崩落した現場にも足を運んだ行定監督だが、「ボランティアの人たちと違って、僕の場合は現状を知りたくて回っているだけ」と振り返り、「チャリティー上映で全国を回ると、その土地の新聞社の方から取材を受けるんですけど、そのときに熊本の人たちが今どんな思いでいるのか、現状を知らないと答えられないですから」と強調する。

 それは熊本たちの人たちを完全な形で救済しようとしない国や、被災地の現状を報道しないマスコミに対する怒りの反動でもある。「早急に熊本に対して7,300億円の国家予算がつけられたけれど、完全復興するためには4兆円が必要で、全然足りないと聞かされた。テレビをつけても今や熊本の地震関連の報道はほとんどなく、芸能人が炊き出しに行ったニュースがたまに流れても、芸能人の方にばかりスポットを当てて熊本の生の声はほとんど伝えない。マスコミの姿勢もねじれていますよ」。

 だからこそ「僕は、自分が熊本県のために作った映画で、あの震災を払拭させないようにしたかったし、義援金を少しでも集めようと思った。個人でできることはそれぐらいしかないですからね」と行定監督は語り、その一方で、マスコミがあまり伝えない熊本の人たちの苦しみを訴える。「東日本大震災よりも死者は少ない。それは幸いなことではあるけれど、家を失っても生きていかなければいけない人たちがたくさんいるということ。要はそこにお金がかかるってことだけど、政府はそこを実感していないし、報道もされ難い。でも、被災が酷い地域の人たちは生活も仕事もままならないから、生活を諦める人だっているかもしれない。そんな犠牲者を出さないためにも、助け合いが必要なんです」

1/2ページ

最終更新:7月4日(月)12時52分

シネマトゥデイ