ここから本文です

湘南T-SITE〈MUSICBOOK〉にOishiiOishiiとikanimoが出演

CDジャーナル 7月4日(月)17時14分配信

 神奈川・藤沢 湘南蔦屋書店「湘南T-SITE」(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)が、同店の“音楽コンシェルジュ”によるキュレーションでマンスリー開催中の音楽イベント〈MUSICBOOK〉。出演者セレクトの書籍販売や、選りすぐりのクラフトビール / オーガニックドリンク、ゆったりとしたラウンジ・スタイルの会場も好評となっている同イベントの第13弾が、7月31日(日)に開催されます。

 第12弾ではニュー・アルバム『Collapse』が話題のSeihoと、夏の幻想を追い求めるテクノおじさんPrimulaという異色エレクトロニック・クリエイター2組が登場し、会場を沸かせた〈MUSICBOOK〉。第13弾には、MUSIC FROM THE MARSや高円寺百景、cero、L.E.D、曽我部恵一バンド、空気公団などで活躍する腕利きミュージシャンたちが集結した“OishiiOishii”と、ケイタイモ(元BEAT CRUSADERS, WUJA BIN BIN ほか)、野村卓史(グッドラックヘイワ, NATSUMEN ほか)、松井 泉(YOUR SONG IS GOOD ほか)によるオールスター・トリオ“ikanimo”が登場。オーガニックなサウンドを追求する2組ならではの一夜となりそうです。ご予約方法等、詳しくは特設ページ(real.tsite.jp/shonan/event/2016/07/musicbook-13oishiioishiiikanimo.html)にてご確認ください。

最終更新:7月4日(月)17時14分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。